最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

問題の解決のために

女医

女性の中には、自分が処女で無いことに悩んだ事がある方もおられるでしょう。
誰しも若い頃は、性に関することには興味を抱くものです。
若気の至りとして、少し気になった程度の男性に体を許してしまったり、もしくは自慰行為の果てに処女膜を破ってしまった方もおられるでしょう。
こういった場合、気になるのは男性の反応でしょう。
男性は、以外にも嫉妬深い方が多いもので、処女ではないとなると、過去の相手がどのようなかたであるのか、気になってしまう方もおられるのです。
今現在愛しているのは、現在付き合っている男性であるのに、その男性に過去の問題で拒絶されてしまうのは、悲しいものでしょう。
通俗的には、初体験時には処女膜を傷つけることにより、出血が見られるとされています。
しかし、中には初体験時にも出血を伴わない方もおられます。そうした特殊な体質の人は、多くの誤解を受けるものです。
貞操観念の強い外国の一部地域では、初体験時に出血が見られないというだけで離婚させられたり、時には男性への不義であるとして処罰される所もあるのです。
また、激しい運動を行うアスリートの方でも、気付かない内に処女膜が破れている事もあるため、一概には処女膜が処女の証明とはなりません。
こうした知識を持たない方であれば、世間一般の通俗的な見解を真に受け、性交時の出血の有無で、二人の中に亀裂が入る場合があります。
きちんと説明したとしても、言い訳をしているとして頑なにこちらの意見に耳を貸さない事もあるでしょう。
そうした余計なトラブルを避けるために、利用できるのが、処女膜再生の手術なのです。

処女膜再生手術は、婦人科や専門の形成外科で受けることができます。
手術自体は簡単なもので、三十分程度で済みますので、時間が開いた時に手軽に行うことができるでしょう。
自分のコンプレックスや、いわれのない誤解を受けないようにするため、気になる方は受けて見てもいいでしょう。