打ち合わせ中

DTPの仕事内容

DTPの仕事は求人が増えてきています。未経験からでも歓迎しているところも多いです。主な業務は、DTPソフトを使用して、紙媒体の印刷物である雑誌やパンフレット、書籍のレイアウト業務を行なっています。

この記事の続きを読む

向いている人とは

DTPに関する仕事には、オペレーターとデザイナーがあります。求人内容は異なりますが、向いている人には共通点があります。どちらの業務も細かい作業を行なうので、細かい作業が得意でコツコツと業務に取り組める人が向いています。

この記事の続きを読む

DTPの魅力

DTPの仕事は、長時間の残業を伴うことも多いです。求人情報でも残業ありと記載されることがほとんどです。でも、現役で業務を行なっている人は、自分の携わったものを見かけることでやりがいを感じています。

この記事の続きを読む

DTPによる展望

DTPによる業務は、多くの企業がIT化を行なうと同時に、注目が集まっている仕事です。DTPデザイナーやオペレーターなど、専門的な技術が必要となるため、これからも多くの求人が出されることでしょう。

この記事の続きを読む

DTPとは

オペレーターと聞くと、多くの人はコールセンターなどのオペレーターをイメージします。
問い合わせなどに対応するオペレーターもいます。
しかし、DTPオペレーターという仕事は、問い合わせに応えたりする業務は行いません。
インデザインと呼ばれている、DTPソフトを使用して、印刷物のレイアウトをする仕事です。
DTPの仕事へ転職を考えている方の中には、レイアウトとはどのようなことなのか分からない方がほとんどです。
求人情報でも、広告を制作する仕事としか書かれていない場合もあります。
最近、求人も増えてきており注目されています。

DTPには、DTPオペレーターと呼ばれている仕事とDTPデザイナーと呼ばれている仕事があります。
一般的に求人としてよく見かけられるのは、DTPオペレーターです。
この仕事は、デザインが決められているものを印刷用のデータにするために、文字の行間や字間を調整する業務です。
写真やイラストを貼りこむこともあるので、フォトショップを使って画像の加工を行なうこともあります。
その為、求人情報にフォトショップやイラストレーターの使用ができる人と記載されることがあります。

DTPデザイナーの求人を見かけることもあります。
しかし、業務内容はグラフィックデザイナーとほぼ同じです。
DTPオペレーターとの違いは、決められたデザインを制作するのではなく、一からデザインを考えることです。
その為、クライアントと何度も打ち合わせを重ねていくこともあります。
求人サイトや求人誌などでは、募集がDTPデザイナーと記載されていても、実際仕事を始めるとDTPオペレーターだったこともあります。
求人を見る際には、その点もしっかり確認することが重要です。

オススメリンク

DTPの求人情報をチェックするならこちらのサイトへ|希望の求人が見つかるガイド