打ち合わせ中

DTPによる展望

派遣会社で働いているものですが、求人に関することで得られるメリットはあります。
まず派遣先より受注いただいた仕事に関して、営業マンが自社で保有しているスタッフを探し、派遣先に連絡します。
しかし多くの場合、スタッフを当たっても仕事をしているであるとか、連絡先が変わっていて通じないであるとかが多いです。
ここで求人広告を打ち出すことにより、求人広告を見た人はこの記載されている条件で働きたいと思っているのですぐにマッチングします。
ここが一番のメリットだと私は思います。
求人広告について工夫の仕方の例を挙げるとしたら、できるだけ詳しく就業条件を記載することにあると思います。
なぜなら最終的に派遣会社に電話するのには自分がいきたいところでないと電話してこないので、詳細は記入すべきだと思います

派遣スタッフの就業に関する取り組みについては、職に就いた後のフォローにかかっているのではないかと思います。
最低月に2回は派遣先に出向いて、スタッフと話をして現状や、今後の見通し、仕事に関する質問等を聞きます。
あとは、有給や前払い制度など、就業条件をちゃんと伝えることにあります。
特に有給の場合、普段使用していないスタッフに関しては最低でも月に一回以上は使用していただいています。
なぜなら、いざ辞める時に使っていない有給を全部まとめて使用したいとの申し出があるからです。
求人にについてのトレンドとしては、必ずと言っていいのが就業手当が出されているということです。
働くだけで数万円もらえるというのです。
これにより集まりがよくなるのだろうと思います。