打ち合わせ中

向いている人とは

派遣で働くことには、メリットとデメリットがあります。
メリットとしては、条件面で折り合いが付いた企業で働く契約を派遣会社とすることで、比較的責任の範囲が限られ、プライベートとの両立が図りやすいことです。
また、事前に業務内容が示されていますので、それと異なることを頼まれることが少なく、頼まれることが多くなれば、派遣会社に相談することも可能な点です。
デメリットとしては、期間が限られていることや、賞与や交通費などが別途支給されるケースが稀だと言う点です。
従って、求人情報を探す時には、自宅からの交通費を考慮して報酬がいくら位になるのか、業務内容の範囲や企業や部署の環境が自分が職場に求めているものとマッチしているか等をきちんと確認することが大切になります。

一昔前までは、派遣で働くということは、特殊な技術を持った人などに限られる傾向が今よりも強く、平均時給も現在より高い傾向がありました。
現在では、特に一般事務職の大部分を派遣社員に担わせることで、企業のスリム化を図り、よりフレキシブルな経営をしようとする企業がとても増えています。
それに伴い、平均的な時給はそれほど高くなくなっています。
また、企業の一般事務職だけでなく、製造業などの工場で働く人も、パートや派遣社員が増えてきています。
これは、円高の下で海外企業との競争をするためにはやむを得ない面がありますが、同時に、雇用が安定しないという問題が特に若年層の間で深刻になっています。
こうした雇用情勢の中で自分に合った求人を探すには、何らかの強みになるスキルを身に付けると良いでしょう。